QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

以前に動物園で飼育技師や学芸員として勤務していた経験から、コラムを書かせていただいています。

野生動物、動物園などで飼育される動物、ペット、家畜など、県内における様々な分野の動物と人との関わりをテーマに取材させて頂いています。

写真は熊楠邸の柿の木で、新種の粘菌が発見された場所を指差しているところです!

和歌山の豊かな自然、歴史や文化。動物を利用してきた営み、動物を介した人と人とのつながり。

動物に関わるたくさんの専門家や、活動されている方々にお話を伺ったこと、動物を観察して発見したこと、感じたことなどを、多くの皆さまにわかりやすくお届けできれば幸いです。

アクセスカウンタ

2012年06月24日

88 ヒツジの毛刈り


クリックしてお読みください。
朝日新聞和歌山版
2012年5月28日掲載

快晴icon01で、気温が20度を超えた4月23日、
和歌山公園動物園で、ヒツジの毛刈りがありました。

もこもこの3頭

息づかいが荒く、見るからに暑そうです。

1頭ずつ、横にして、大きなバリカンで刈っていきます。

白い服を脱ぐような感じ。

わかやまフレンZOOガイドの事務局長(写真右)も、手際よくik_73


1頭分の刈った毛は、大きな袋2つ分!!


重さは何と合わせて5キログラムも。

すっかりシェイプアップしたヒツジ(after)と(before) が並んで


人に刈ってもらわないと困るヒツジと
毎年、毛刈りに労力をさかれる飼育員さん。
双方とも大変です。

品種改良し、私たちがお世話になっている、家畜との関わりを学んでもらう目的で、

わかやまフレンZOOガイドが、羊毛を洗い、小物作りに使えるよう、
羊毛プロジェクトを進めていますface02

お気軽にご参加ください。

  


Posted by ポケット at 14:44Comments(0)和歌山公園動物園

2012年06月21日

87 串本のサンゴ群落


クリックしてお読みください。
朝日新聞和歌山版
2012年5月21日掲載

昨年12月に取材したサンゴの話題。
ご紹介するタイミングを考えていたところ、

金環日食が見られる日が、ちょうど掲載日になったので!

新月と、大潮(夏期)でのサンゴの産卵とを 
つなげてご紹介させていただきましたik_49

水族館では充実したサンゴ類の展示。

触手からスイーパーを出すナガレハナハナサンゴ

そして実際の海中を探索できるik_20

海中観光船ステラマリス


ダイビングしているように、海中の景色が広がりますface01


テーブル状のクシハダミドリイシ 

ラムサール条約にも指定されている貴重なサンゴの大群落。

でも学芸員の方が言っておられたように、
南方系のサンゴもあちこちに見られました。

海水温の変化にサンゴたちは(共生する褐虫藻も)敏感に反応します。

美しい串本の海、サンゴ群落を次の世代にも繋ぎたいです。ik_48
















  


Posted by ポケット at 22:59Comments(0)串本海中公園

2012年06月17日

86 ケンケン漁ともち鰹を体験!


クリックしてお読みください。
朝日新聞和歌山版
2012年4月30日掲載

取材のご依頼をと、お電話したところ、
商工会の方が真っ先に話されたのが、
もちがつおって知ってる?」でした。

地元の方にお聞きすると、
 もちがつおは、しなしなと柔らかい
  切ると包丁にくっつくくらい、粘り気がある。
   そして、とても美味 だそうです。

ケンケン漁を体験できるクルーズを出していただきました。
  船酔いがかなり心配だったのですが、
   薬が上手く効いたのか、、気持ちが高ぶっていたせいでしょうか、

    全然元気で、大海原を満喫しましたface02

潮の微妙な流れと水温を探知しながら、
 魚の群れにあたるのが難しいことを実感。

どんどん陸から離れ、何と40キロメートル沖まで(少々不安に、、)
 朝6時に出て、昼ごろにようやく、引き縄にカツオがかかりましたik_20

この勇姿!

引く力が強く、もたもたしていたら、逃げられました。
スミマセンface07

活け締めしたカツオと


貴重な1本をおみやげに頂き (本当にありがとうございます)

家でさばくと、上手く血抜きされているので、血が出ません。


ブライトくんも食べたい


もちろん、お刺身で


口に入れた瞬間、「これがカツオ?」
と思わせる、初体験の美味face08

甘味があり、爽やかで、固めのゼリーのような食感。

引き縄で1匹ずつ大切に処理する漁法だからこそ引き出せる、格別の味です。  


Posted by ポケット at 23:10Comments(0)野生動物