QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

以前に動物園で飼育技師や学芸員として勤務していた経験から、コラムを書かせていただいています。

野生動物、動物園などで飼育される動物、ペット、家畜など、県内における様々な分野の動物と人との関わりをテーマに取材させて頂いています。

写真は熊楠邸の柿の木で、新種の粘菌が発見された場所を指差しているところです!

和歌山の豊かな自然、歴史や文化。動物を利用してきた営み、動物を介した人と人とのつながり。

動物に関わるたくさんの専門家や、活動されている方々にお話を伺ったこと、動物を観察して発見したこと、感じたことなどを、多くの皆さまにわかりやすくお届けできれば幸いです。

アクセスカウンタ

2017年03月12日

108 ニホンジカ調査


クリックしてお読みください

朝日新聞和歌山版2013年3月24日掲載

那智勝浦まで車で移動し(同乗させていただき)、ニホンジカのカウント調査。

明るいうちに、田んぼや草地などで、糞や食痕などを事前に調査。



山からわざわざ人家近くに下りてきて、この時期、僅かに生える雑草などを食べているのかと思いました。

そして夜。凍てつく寒さに震えながら、車の窓を開けて、ライトをあてながら光るシカの目の数をカウント。

警戒心が強く、すぐに逃げてしまうのは、さすが野生動物と思いつつ、こんなにたくさん人里にシカがいることを異常に思いました。


人家近くの草地で草を食む母子

林業や農業の活性化 地産地消のくらし シカの生活状況や人との軋轢の課題に向けて考える機会になりました。



  


Posted by ポケット at 23:51Comments(0)野生動物調査

2017年03月12日

106 ジビエの普及に向けて



クリックしてお読みください
朝日新聞和歌山版2013年3月17日掲載

有害駆除や狩猟で持ち込まれたシカやイノシシを、食資源として流通させる試み。

解体処理、加工の現場で、携わる人のプロの目利きと扱いを見させていただき、野生動物に対する思いを伺いました。

ジビエ料理のコンテストで試食したら、シカ肉も鉄分豊富で美味しくいただきましたik_73

シカ肉は、牛肉に似た味と思うのですが、知人からは固い牛肉しか食べたことないのかと言われ、、、でも美味しいですface02


  


Posted by ポケット at 23:21Comments(0)野生動物加工食品

2017年03月12日

106 人の輪つなぐニホンコウノトリ



クリックしてお読みください
朝日新聞和歌山版2013年3月10日掲載

足環番号J0057 のニホンコウノトリが和歌山市内に姿を見せ、地域の人たちの話題になっていました。

私は多摩動物公園に在職中にニホンコウノトリの繁殖の様子を間近で観察し、お客さんに説明をしていました。

その技術が野生復帰に生かされ、和歌山でもその姿を見られることは私にとっても感慨深いものがありますicon12

田んぼに映る白く美しい鳥。



コウノトリがくらせる環境が、人にとっても安全な食環境だと、保全に取組む豊岡の人たちがおっしゃっていました。


  


Posted by ポケット at 22:50Comments(0)野生動物野鳥

2017年03月09日

105 虫の冬越し



クリックしてお読みください。

朝日新聞和歌山版2013年2月9日掲載

アゲハの蛹の色は幼虫期に感じた触覚や光刺激という報告を見て、へーと興味をもちました。

屋根から顔をのぞかせ、すかさずガ(せっかく羽化したのに、、)を捕食したイソヒヨドリに遭遇して、目立つところにいると、敵に食べられてしまうという事実も目の当たりに確認。物語のようなコラムになりましたface01


ガを捕食したイソヒヨドリのメス


食べられてしまったトビモンオオエダシャク

  


Posted by ポケット at 23:42Comments(0)野生動物昆虫身近な自然