QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

以前に動物園で飼育技師や学芸員として勤務していた経験から、コラムを書かせていただいています。

野生動物、動物園などで飼育される動物、ペット、家畜など、県内における様々な分野の動物と人との関わりをテーマに取材させて頂いています。

写真は熊楠邸の柿の木で、新種の粘菌が発見された場所を指差しているところです!

和歌山の豊かな自然、歴史や文化。動物を利用してきた営み、動物を介した人と人とのつながり。

動物に関わるたくさんの専門家や、活動されている方々にお話を伺ったこと、動物を観察して発見したこと、感じたことなどを、多くの皆さまにわかりやすくお届けできれば幸いです。

アクセスカウンタ

2012年02月16日

78 モグラのトンネル内の動き


クリックしてお読みください。
朝日新聞和歌山版2012年2月6日掲載


前回、ご紹介したモグラの特徴。
はたして、どのように体を動かしてトンネル内を移動するでしょうか?

モグラの常設展示を初めて行ったのが、東京の多摩動物公園です。(1998年から)


このログハウスが、「もぐらのいえ」

中に入ると

パイプがはりめぐらされ、

土を掘る展示ケースとつながっています。


女の子が指をさして、

ここにいるよ!

他にも、ヒミズやカワネズミ、そして世界最小の哺乳類


トガリネズミも!!

一緒に見ていたお客さんが、「ネズミだ!」というので、
モグラの仲間なんですよとお伝えし、

また、「モグラが庭にいて困る」と言うので、
土が豊かな証拠ですとお話すると、安心して帰られました。

以前、この多摩動物公園で、動物解説員として勤めていたので、
ついつい、楽しく会話してしまいました。


多摩動物公園は美しい雑木林に囲まれ、日本産の動物の展示が充実しています。
冬眠中のヤマネ、丸まっているアナグマ、落ち葉を敷いて眠るヒグマなど。
日本の動物を学ぶ場として、今後も期待しますface01


  


Posted by ポケット at 13:10Comments(0)多摩動物公園