QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

以前に動物園で飼育技師や学芸員として勤務していた経験から、コラムを書かせていただいています。

野生動物、動物園などで飼育される動物、ペット、家畜など、県内における様々な分野の動物と人との関わりをテーマに取材させて頂いています。

写真は熊楠邸の柿の木で、新種の粘菌が発見された場所を指差しているところです!

和歌山の豊かな自然、歴史や文化。動物を利用してきた営み、動物を介した人と人とのつながり。

動物に関わるたくさんの専門家や、活動されている方々にお話を伺ったこと、動物を観察して発見したこと、感じたことなどを、多くの皆さまにわかりやすくお届けできれば幸いです。

アクセスカウンタ

2012年01月15日

73 油汚染の水鳥救護講習会


クリックしてお読みください。
朝日新聞和歌山版2011年12月19日掲載


海上での油汚染事故は、世界で頻繁に起きていて、
油まみれになった鳥の救護ができる人材育成が求められています。

2回の講習を受ければボランティア登録ができるとのこと、
獣医の方々に混じり、講習会に参加しました。

人間も油汚染を受けるので、皮膚を露出しないよう、
ゴーグル、防護服、帽子を装着。

5人1グループで、カモやガチョウ1羽を担当。


長い管を食道に通し、
油を吸着する活性炭液や栄養剤を注入。


熱めのお風呂くらいのお湯に体を沈めると、
カモはおとなしくしていました。

羽を痛めないよう、決してこすらず、
泡立てた水流で洗うのがポイントです。


すすぎ
水をかけているのに、水滴がつぎつぎと背中に!
羽の撥水性に驚きます!!

水辺でくらす水鳥たちの見事な体のしくみ。
だからこそ、海の環境汚染に敏感です。

この記事を見て、2回目の講習会を申し込まれた方がいらっしゃったようで、
関心を持っていただきうれしかったですik_14


同じカテゴリー(動物救護)の記事画像
74 台風12号被害時のペット救護
同じカテゴリー(動物救護)の記事
 74 台風12号被害時のペット救護 (2012-01-15 22:05)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。