QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ポケット
ポケット
松本朱実(まつもとあけみ)
動物教材研究所pocket                    

以前に動物園で飼育技師や学芸員として勤務していた経験から、コラムを書かせていただいています。

野生動物、動物園などで飼育される動物、ペット、家畜など、県内における様々な分野の動物と人との関わりをテーマに取材させて頂いています。

写真は熊楠邸の柿の木で、新種の粘菌が発見された場所を指差しているところです!

和歌山の豊かな自然、歴史や文化。動物を利用してきた営み、動物を介した人と人とのつながり。

動物に関わるたくさんの専門家や、活動されている方々にお話を伺ったこと、動物を観察して発見したこと、感じたことなどを、多くの皆さまにわかりやすくお届けできれば幸いです。

アクセスカウンタ

2012年03月23日

82 冬から春へ 小鳥たちの共演


朝日新聞和歌山版2012年3月19日掲載

昨年秋から、鳥好きな人たちの間で、
「ツグミがいない」「シロハラも見ない」など、
冬鳥たちの姿を見かけないと、話題になりました。

そして今年になってようやくちらほらと。
この観察会では、10羽以上のツグミが木々を飛び回り、
久しぶりに冬鳥たちの賑わいを感じました。

河川敷には、種子をつけた草木がたくさん。

アキニレ

この種子を、カワラヒワが、薄ピンクの厚いくちばしで、
勢い良く食べていました!

そして、ここで繁殖する留鳥たちのさえずり(私にとっての初見)も!!


さえずりを聞いたホオジロ

枝の上の方にいます。
上を向いて、精一杯口をあけて鳴きますface01
観察会では、こういう状態で見つけます。

少し写真をトリミングして

目の黒いラインが濃く、コントラストがきれい。
可愛いですicon12

ほかに、ヒバリのさえずりも、風に乗って運ばれてきました♪

猛禽も見ました。
どこにいるかわかりますか?


右上がトビ
左下はミサゴ

他にノスリも上空を旋回していました。

目が悪く、鳥の存在を見つけるのがいつも遅い私face07

でも、音声を聞き取るのは少し自信ありますik_73

自宅周辺でも、ピューイとカワラヒワ、
チョットコイとコジュケイ など、

生命の躍動を感じるさえずりがあちこちから。

春を告げる鳥たちは、私たちの身近にたくさんいますik_48










同じカテゴリー(野生動物)の記事画像
108 ニホンジカ調査
106 ジビエの普及に向けて
106 人の輪つなぐニホンコウノトリ
105 虫の冬越し
102 鳥の標識調査
101 ヘビへの畏怖
同じカテゴリー(野生動物)の記事
 108 ニホンジカ調査 (2017-03-12 23:51)
 106 ジビエの普及に向けて (2017-03-12 23:21)
 106 人の輪つなぐニホンコウノトリ (2017-03-12 22:50)
 105 虫の冬越し (2017-03-09 23:42)
 102 鳥の標識調査 (2017-02-26 22:25)
 101 ヘビへの畏怖 (2017-02-26 22:13)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。